埼玉県の建設業許可申請の代行はお任せください!当事務所は建設業許可に特化した専門事務所です。埼玉県内のご依頼者様のもとへ必ずお伺いして、きめ細やかに対応しております。お問合せ・ご相談・出張無料、7:00~21:00まで営業中です!
7:00〜21:00(土日祝も対応)

業務案内・料金表

業務案内・料金表

業界最安ではありませんが専門家として質の高いサービスをご提供いたします!

  • お問合せに関する相談料はかかりません。
  • お客様への訪問に交通費はいただいておりません。
  • 埼玉県庁への申請書提出代行に日当などはかかりません。
  • 申請書の副本を作成し、お届けいたします。
サービス内容申請先区分法定費用報酬合計金額
新規 建設業許可申請知事一般90,000円130,000円220,000円
特定90,000円130,000円220,000円
大臣一般150,000円250,000円400,000円
特定150,000円250,000円400,000円
業種追加知事一般50,000円70,000円120,000円
特定50,000円70,000円120,000円
大臣一般50,000円120,000円170,000円
特定50,000円120,000円170,000円
許可更新知事一般50,000円65,000円115,000円
特定50,000円65,000円115,000円
大臣一般50,000円110,000円160,000円
特定50,000円110,000円160,000円
事業年度終了報告
(決算変更届)
---35,000円~35,000円~
役員各種変更--20,000円~20,000円~
商号
資本金
代表者 
営業所新設---54,000円54,000円
経営事項審査申請知事-業種数による80,000円~法定費用
+80,000円~
経営事項審査申請大臣-業種数による150,000円~法定費用
+150,000円~

 

価格だけに注目して行政書士を選ぶと痛い目に・・・

 建設業許可を申請しようとインターネットで行政書士事務所を探していると、「格安」や「業界最安値」などのうたい文句を売りにしている行政書士事務所が多く見受けられます。行政書士業務にも適正価格といった領域があります。この「格安」や「業界最安値」といったことは本当に正しいのでしょうか?

 

「格安」や「業界最安値」にひそむ罠!

 建設業許可は行政書士業務の中でも難易度が高い業務となります。まず、作成しなければならない申請書類の枚数が50~80枚くらいになります。次に申請書に添付しなければならない書類で官公庁にて取得する書類が多く、法人で役員が多いなどの場合はさらに増えます。そして、許可申請に必要な要件を満たしているかどうかをチェックするのに、経験値とノウハウが必要になります。

 およそ「格安」や「業界最安値」を謳っている行政書士事務所は、行政書士として駆け出しであったり、建設業許可申請業務に経験の浅い行政書士事務所である場合がほとんどです。そういった事務所に金額が安いからという理由だけで依頼すると、あの書類がない、この書類がない、この作業は依頼者で行ってほしい、など依頼者の手間はほとんど省けないような事態になることもしばしばです。最悪の場合、申請したけど建設業許可の要件を満たしてなかったために許可取得を断念・・・などといった経験不足が災いしてしまうこともあります。

 行政書士事務所経営もビジネスです。業務には工数に係る適正な価格がやはりあります。価格だけで行政書士事務所を選ばないことをおすすめ致します。

bnr