埼玉県の建設業許可申請の代行はお任せください!当事務所は建設業許可に特化した専門事務所です。埼玉県内のご依頼者様のもとへ必ずお伺いして、きめ細やかに対応しております。お問合せ・ご相談・出張無料、7:00~21:00まで営業中です!
7:00〜21:00(土日祝も対応)

大臣許可と知事許可

大臣許可と知事許可

●大臣許可と知事許可の違い

建設業許可には、その営業方法によって「大臣許可」「知事許可」の二つの区分があります。

大臣許可2つ以上の都道府県の区域に営業所を設けて営業しようとする場合に必要な許可
知事許可1つの都道府県の区域内にのみ営業所を設けて営業しようとする場合に取得する許可

営業所とは

許可の必要がない軽微な工事とは下記のとおりです。

建設業許可申請における営業所とは、本店又は支店等で常時建設工事の請負契約の見積り、入札、契約締結を行う事務所のことをいいます。従って、建設業に無関係な支店や営業所及び単に登記簿上の本店や特定の目的のために臨時に置かれる工事事務所や作業所(作業員詰所)などは該当しません。
そして、少なくとも下記の要件を備えていることが必要です。

1. 契約締結に関する権限を委任されていて、請負契約の見積り、入札、契約締結等実体的な業務を行っていること。
2. 電話、机、各種の事務台帳等を備え、住居部分等とは明確に区分された事務室が設けられていること。

大臣許可と知事許可は、単なる区分です

「知事許可では、その都道府県のみでしか工事の施工ができないのでは?」とお問い合わせをいただくことがございます。しかし、大臣許可と知事許可は、営業の範囲を示す区分ではございません。知事許可であっても全国どこでも工事を行うことができます。上記の表にもございますように、許可を受けようとする建設業者の営業所が一つの都道府県内のみにあるのか、または二つ以上の都道府県に存在しているのか、それだけの区分でしかありません。

【例】 
・埼玉県と東京都にそれぞれ営業所がある ⇒ 大臣許可の申請が必要です。
・埼玉県の和光市に本店があり、熊谷市に支店がある ⇒ 知事許可の申請となります。

bnr